愛犬同伴にしないワケ。

おはようございます。

愛犬写真家 花本シンです。

写真教室初級コースで愛犬同伴にしていない理由について書いてみようと思います。


写真教室で大切にしていることのひとつに「写真を撮ることを楽しむ!」というものがあります。

なーんだそんな簡単なこと?って思われるかもしれませんね^^

わんちゃん写真を撮るにあたってこれって案外、できてないことやついつい・・っていうシーンがあるんですよ。


自分の思ったように撮れなかったり、わんちゃんの名前を連呼してるのに言うこと聞いてくれなかったり、じっとしていなかったり・・。


そんなシーンがたくさんあると思います。


でね、何が大切かと言うと

「わんちゃんと一緒に写真を楽しむこと」

なんですね。


自分だけ写真の世界に入って、わんちゃんが置き去りになってたりしてることありませんかー。

・・・正直言って僕もたまにあります(笑)

そりゃ、可愛い写真、ステキな写真を撮りたいと思ってるんだからシャッターを切ったものがそうでなかったら「ありゃりゃー」って思ってしまうのが当然といえば当然。


その本心をすり替えたり、取り繕ったりするのではなくって極力減らしていけばいいんです。

それが自然体。

わんちゃんはそんな心の機微をよーく見てます感じてます。


で、それを「減らす」ためにはまずは自分のカメラのことをよーく知っておく必要があります。

最初からわんちゃんと一緒に写真を撮っててレッスンで習ったことを


「あれ?あの機能はどれだっけ?」

とか

「こう撮るにはどうすればいいんだっけ?」

とか・・。


そんな時間が多ければ多いほどわんちゃんは楽しいと思うでしょうか。。


いろんなシュチュエーションがあるとは思いますが、人間のようにずーっとポーズを決めて微笑んでくれていたりはしません(笑)


なので、まずは自分のカメラのことをよく知り、アタマで考えるのではなく体に覚えこませると言うことが大切です。


レッスンの時だけでなく、日常の中でたくさん撮っていくことが大事。


「もっと撮りたい!」


と思ってもらえるようなレッスンを心がけています。


そして、ある程度慣れてきたら初級コースでも参加者の方順番(1組か2組ずつ)で愛犬を連れてきてもらって撮影しながらレッスンをします。

やはりそっちの方が楽しさ倍増しますもんね♫


その中でわんちゃんの負担にならないよう、コツというか「在り方」をお伝えします。


「愛犬との暮らしをより豊かなものにする」


ですからね^^



気になること、聞いてみたいこと・・・お気軽にお問合せくださいね。


LINE@もよろしく〜^^

愛犬写真家 花本晋

愛犬との暮らしをより豊かなものにするカメラマン。

0コメント

  • 1000 / 1000